当サイトが最もお得

ホテル予約

当サイトが最もお得

レストラン予約

ホテル予約

レストラン予約

電話受付時間 : 10:00~16:00

5名以上のご予約はお電話でご連絡ください

I try to challenge myself
自分の歴史の中で、できることを増やしたいから
~石狩ひつじ牧場~

THE CROSS EXPERIENCE  ~出会い~

想いを叶え続けていく人たちと、そこにつながる“もの”や“こと”から生まれる、新しい体験との出会いを。

人と地域が物語る、心を動かされるたくさんの体験を。

クロスホテル札幌で。

アワシー、イーストフリージアン、ポール・ドーセット。国内では希少な乳用種を育て、本場ヨーロッパにも負けない理想の羊乳チーズづくりを追求する、石狩ひつじ牧場 山本知史氏。クロスホテル札幌では、2022年4月から羊飼い体験のオプションプランをスタート。札幌中心部から40分ほどの牧場で、得難い機会を思い出にすることができる。山本氏は、自分の最高記録を達成したいと、54歳で羊飼いになった。その挑戦には、感動のおいしさと、今を生きる私たちに温かな勇気を与えてくれる物語が詰まっている。

羊を育てて、羊乳のチーズづくりを

石狩市の南、銭函に隣接する樽川。道路沿いのゲートを入るとすぐ目の前に羊たちがいる。ヴェ~ヴェ~、そこかしこから断続的に羊たちの声が聞こえ、何とも言えないのどかな気持ちになる。その一方で、思いの外体が大きく、角もあり、普段目にしたりイメージしている羊との違いに気づき興味が湧く。

放牧地と羊舎やチーズ工房、事務所などの建物が並ぶ、今は約5.5haになったという牧場を、山本氏は2016年にまったくゼロから始めた。「チーズ専門のインポーターになって20年以上、世界中のチーズを味わい、知り尽くした中で、本当に旨いと感動したのが羊乳のチーズだったんだ。そのおいしさをもっと広めたい、羊肉が身近な北海道でさえ一般的ではない羊乳でチーズづくりがしたいと思って。乳用種の羊が日本で手に入らないとわかっても、輸入業を営んでいるから、自分で輸入すれば始められるとやってみたんだけど、ものすごく大変だった。普通は、羊を輸入してまでやることなのか、羊乳のチーズを一から作るなんて、無理じゃないかと思うんだろうけど、やってみたかったんだよね。自分が生きている証として挑戦したかった。お金では満たされないもの、すごく難しいことに挑んで、自分を高めていきたいってね」と熱く語る山本氏は、30代前半まで中学校の理科の教師だったという経歴も持つ。その頃は生徒たちを応援していたが、今は自分で自分を応援する人生だと笑った。

無くなることのないものの大切さを

日々羊と向き合っていると、羊たちの命をどれだけつないでいけるか、事業を次の人たちに継いでいけるか、を考えさせられると山本氏。「いろいろなことを信じられなくなったコロナ禍においても、記録的な雪が降った中でも、命は確実にリレーされていく。生き物の生と死は尊いもので、無くなることのないもの。餌をあげて、フンを掃除して、同じ空気を吸って。日々成長していくその時は、その時にしか見ることができない。牧場の見学体験も受け入れているんだけど、動物を飼育して命をいただくということを、1時間くらいの時間でも羊飼いを体験してもらうことでわかってもらいたい」と話す。

「羊を前にしたら素直になれるんだよね。いろんな発見があるんだ。チーズも肉も、自分が食べるために作っているという部分もある。安全で安心して食べられるものを作りたい。自分が食べていて、ほらこんなに元気でいると胸を張っていたい。そういうものをお客様に届けたい」と力を込める。

自慢のチーズは、どれも羊乳のチーズに対するステレオタイプな考え方を大きく覆す、ピュアで趣のあるおいしさだ。うっすらと白カビをまとい、まろやかな風味を楽しめるフレッシュタイプ、豊かで深い複雑な旨みがクセになるハードチーズのペコリノ、そしてぷりっとなめらかな食感の中に香しさが満ちている、最も作りたかったブルー。数種類のチーズ製造を実現し、さらなるおいしさを追求している。そしてその味は全国へと広がりつつある。

これからの農業を次世代に引き継ぐ

牧場設立から6年、まだまだ工夫や方法を模索しては試し、改善していると山本氏。牧草づくりも自前でと、トラックの免許を取得したと聞くと、そのバイタリティーに驚かされる。しかし、50代だったからこそできた挑戦だと言う。「経済力に人脈、経験とやれる力が付いていた。チーズのこともよくわかっていたし。海外を旅して、仕事をしてきたことも活きている。普段の環境と違うところで、新しい人との出会いや自主的に成長する機会を与えられて、どれだけやれるかが鍛えられた。誰もが、早くても遅くてもいつでもデビューすることができると思う。それは人によって違う。果物が熟した時のように、機が熟すんだよ」

畜産業の未来も見据え、羊の飼育やチーズ製造を事業として構築し、20代の社員をはじめ若い世代に教えていきたいと考えている。「効率化を図って、儲かる事業にしてノウハウを教えたい。牛を飼うのは億単位規模の事業。羊なら親子、若い夫婦でもできて、経営耕地面積当たりの収益性も高い」と聞くと、これからの時代に合っていると思える。

最初に連れてきた羊たちは6歳になり、山本氏は60歳を迎えた。「長生きして時代の変化を見たい、見たいよね!60歳、これからだよ。この先の人生、第何章までいけるか、今がその後の章に生かされていく。羊の平均寿命は10年ちょっとだけど、20年生きるのもいるんだ。そうしたらあと14年、実際は何年生きるかわからないけど励みになるよ。羊たちの寿命を見届けたい」と、人生100年時代といわれる今をまさに体現する山本氏。365日働く精神力に自負はあると、日々自分の人生を目一杯生きて楽しんでいる姿は、どこまでも格好いい。

Profile

石狩ひつじ牧場 山本知史

乳用種の羊350頭を育て、羊肉、チーズ、ジェラートなどの羊乳加工品の製造・販売を行う。羊は撫でるともっと撫でてと反応するそう。愛着のある羊は、出荷時にできるだけ一部を自分で食べるようにしていて、出荷でき、命をいただけることが幸せだと話す。輸入チーズと食材の専門店「チーズマーケット」も経営。福井県敦賀市出身、札幌市在住。

  • instagram
  • LINE